スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 /
月一の舞い


5月10日(日)に「月一の舞い」が開催されます。
今田神楽団さんは 『殺生石』 を 舞われます。他では鑑賞できない演目ですので、必見です

081025.jpg


[演目紹介]
唐・天竺・日本の三国を飛び渡り、悪事を働いていた金毛九尾の悪狐が、日本に飛来して玉藻前と名乗り、鳥羽院の女官となりますが、安部清明安親に正体を見破られ、那須野ヶ原へ逃げていき、三浦介・上総介に征伐されます。しかし、悪狐の怨霊が固まり殺生石となり万民を苦しめましたが、玄翁和尚が法華経の功徳と法の槌により怨霊を封じるという物語です。

スポンサーサイト
未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
舞ロードフェスタ報告

舞ロードフェスタ 舞ロードフェスタ

予報通りの雨なので、中止覚悟で自宅を出発し12時前に到着してびっくり
駐車場が満車になっていたので、役場の駐車場に止め、大雨の中舞ロードへ・・・
テントの中で場所をキープして座っていると、地元の方々は随分前から場所取りをされていて、「今田の神楽が観たいけぇ」と口々におっしゃり、寒い中ずっと待っていらっしゃるのです。
13時40分からの『葛城山』の時は小降りになり、15時15分からの『殺生石』の時には止んで、ステージの正面にも椅子が設置され、大歓声の中、期待通りの舞になりました。
長年に渡り地元に愛され、応援されている神楽団だと再認識しました。
私自身、影ながら応援するにしても、もっと勉強してこのブログをより良いものにするよう精進しなければいけないと実感しました。そうでないと神楽団の方に対しても申し訳ないです・・・
それに舞ロードフェスタは、「小雨決行」ではなく「雨天決行」ということもわかりました

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
祝 準優勝・個人賞

団長さん  岡田真希ちゃん
「第18回神楽の里千代田神楽競演大会」で、『殺生石』を舞われた今田神楽団さんが準優勝され、笛の岡田真希さんが個人賞を楽の部で受賞されました
よりパワーアップされた構成で、皆さんの必死さが伝わってきて、舞が終わった瞬間涙が溢れてきました。今までお涙頂戴で涙が出たことはありますが、まさか殺生石で出るとは思いもよらないことでした。

興奮と感動をありがとうございました

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
ゆうひパーク浜田

ゆうひパーク浜田 イベント舞台


浜田花火大会
ゆうひパーク浜田で、8月1日に開催されたイベントに行ってきました。
なかなか梅雨明けしないので天候が心配でしたが、曇り空で雨は降らず、17時から始まって花火で一時中断し24時くらいまであり大盛況でした。
今田神楽団さんは、『羅生門』 『殺生石』を上演されました。
『羅生門』は今年の重点演目ということで取り組まれています。
酒呑童子が乳母に化相し腕を取り戻す場面は見応えありました。茨木童子に取り戻した腕をつけようとしますが失敗し、再挑戦する二人には笑えました。最後は源頼光、渡辺綱、酒呑童子、茨木童子4人のスピード感溢れる舞で盛り上がりました。
『殺生石』では、客席に飛介が逃げ、金毛九尾狐が追いかけて捜しまわるというイベントならではの演出でした。

夜空に美しい笛の音が響き渡り、楽しい夏の一日でした。

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
イオンモール広島祇園夏祭り

イオンモール広島祇園 ステージ準備風景

 


本日、今田神楽団さんはイオンモール広島祇園で開催された「祇園町夏祭り」で、『羅生門』 『滝夜叉姫』を上演されました。
いいお天気で、めちゃくちゃ暑かったので、団員の方々は、薄着の私が汗をにじませながら写真を撮るのとは、比べものにならない程の暑さだったことでしょう お見舞申し上げます。
さて、本日の私のお気に入りは、まず『羅生門』では、茨木童子が腕を付け損ねた酒呑童子に「ちゃんとつけてよ~」と、じだんだ踏んだ場面です。観客の皆さんにとても受けてました。
『滝夜叉姫』では、黒い蜘蛛が山城光成を苦しめた場面、そして大宅中将光圀が大声出して滝夜叉姫に立ち向っていた場面です。
やっぱり今田神楽団さん、大好きです

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
第8回お盆神楽共演大会

八重地区総合センター 終了後の御挨拶


8月15日(土)に毎年恒例の今田神楽団さん主催「第8回お盆神楽共演大会」が開催されました。
暑いという評判の大会のようですが、最近の天候不順のお蔭で、それほど暑く感じませんでした。
神楽ではお馴染みの斉藤裕子さんの司会で、まず石川団長の御挨拶があり、千代田競演大会の準優勝、個人賞の報告をされ、芸石競演大会への抱負等を語られました。
今回、今田神楽団さんは「神降し」「日本武尊」「羅生門」を上演されました。
普段、舞しかされないと思っていた方が楽をされたり、神しか観たことがない方が姫や鬼をされたりと、興味深く楽しく観ることができました。
地元初披露の「羅生門」は、白妙の独特の舞、童子二人のやり取り、スピード感溢れる迫力の舞等、見応えがありました。一つ残念だったのが、私が浜田・イオンで聞き惚れていた白妙の口上が、マイクの調子が悪くて聞きづらかったことでした。今回初めてご覧になった方は、次回の「羅生門」を見逃さないでいただきたいと思いました。
そして、一番感動したのは、千代田高校神楽同好会のレベルの高さです。
どこかの神楽団に所属されて活動されているので、すでにプロ級なのは当たり前なんですね。
最後に団員の方が舞台に勢揃いされて御挨拶されました。
主催者として準備・運営等お疲れ様でした。大入満員になって良かったですね

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.09.26 志幸八幡神社神楽奉納

志幸八幡神社 記念撮影
団員の皆様

9月26日(土)に今田神楽団さんは、三次市志幸八幡神社に神楽を奉納されました。
しみじみとした神社、ほのぼのとした地元の方々、そして何よりもびっくりしたのは、フランクフルト・焼きそば・
ドリンクが100円、焼き鳥1本50円、的あて50円、たこ焼き300円というリーズナブルなお店
幕間に何度も登場された地元消防団の方によるコントは、吉本かと勘違いする程のおもしろさでした。
団長さんによる色々なお話もたくさん聞くことができました。
そして、お祭りでしか拝見できない演出の神楽は、やっぱり来て良かったと実感しました。
相変わらず見入ってしまう「神降し」、貫録たっぷりの紅葉姫・プロフェッショナルな二人の神の「紅葉狩」、
金毛九尾狐と飛介が消防団員になった「殺生石」、板に付いてきた「羅生門」、バテバテのところ急遽増えた「塵倫」、妙な大蛇が登場した「八岐大蛇」・・・
20時に始まって、25時になってしまいましたが、時間の経過を感じさせないひと時でした。
どこまでも応援に行きますよ

未分類 / COMMENT:2 / TRACKBACK:0
本日開催!第61回芸石神楽競演大会

頑張ってね!


本日、13時から待ちに待った第61回芸石神楽競演大会が開催されます。
1949年(昭和24年)から半世紀以上に渡って続いてきた凄い大会なんですね
現在の神楽ブームは、地道に受け継ぎ支えられてきた方々のお蔭なんだと再認識しました。
今回、この伝統ある大会に出場される今田神楽団さんは、4番目に「殺生石」を上演されます。
私と一緒に今田ワールドに引き込まれてみませんか

団員の皆様、御健闘を祈ります。

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
第61回芸石神楽競演大会報告

千代田総合体育館 開会式

超満員の大歓声の中、第61回芸石神楽競演大会が開催されました。
全演目、さすがとしか言いようがありません。どこが優勝してもおかしくない舞台でした。
日頃の練習の積み重ねにより、成し得られたものと実感しました。
今田神楽団さんは大健闘され、35分ぴったりで終えられました。
団員の皆様の意気込みをヒシヒシと感じ取ることができ、しっかり今田ワールドに引き込まれてしまいました
これからも、陰ながら応援していきま~す

審査結果を報告します。おめでとうございます

優勝
 旧舞の部 筏津神楽団さん「塵倫」
 新舞の部 上河内神楽団さん「紅葉狩」

準優勝
 旧舞の部 三谷神楽団さん「大江山」
 新舞の部 原田神楽団さん「滝夜叉姫」

個人賞
 舞の部   旧舞 前河伸弥さん(筏津神楽団)
        新舞 井上隆太さん(大塚神楽団)
 奏楽の部 旧舞 山本宏二さん(三谷神楽団)
        新舞 植田伸二さん(大塚神楽団)   

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.10.10長笹八幡神社神楽奉納

長笹八幡神社 団長さん御挨拶

10月10日(土)に北広島町豊平地区で一斉に秋祭りが開催されました。
長笹には現在神楽団が無い為、昨年12月に今田神楽団さんに奉納依頼をされたそうです。
22:00から始まり、「神降し」「紅葉狩」「殺生石」「羅生門」「八岐大蛇」を奉納されました。
神社本殿での奉納の為、いつもより若干狭いスペースでしたが、いつもの迫力満点のスピーディな舞は変わりありません。
団員の皆さんの真剣さがストレートに観客の皆さんに伝わっていく感じで、いい雰囲気に包まれました。
既に25:00をまわって奉納された「八岐大蛇」では、足名椎・手名椎の仲が良い漫才のようなやり取りや、須佐之男命がひととおり大蛇を退治した後、妙な大蛇が登場し手名椎がカッコよく退治しポーズを決めたのは大ウケでした。衣装やお面をつけての記念撮影もあり、お越しになられた方は大満足だったことと思います。
私は、なんとなくじっくり観たくなって、カメラを置いて今田ワールドに浸ってしまいました。
今、悔やまれるのは、足名椎と手名椎のチューの場面を撮り逃したことでしょうか・・・

団員の皆様、遅くまでお疲れ様でした。

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.10.17府中日吉神社神楽奉納

府中日吉神社 お疲れ様でした

10月17日(土)に今田神楽団さんは府中市本山町の日吉神社に神楽を奉納されました。
町内会長さんの御挨拶によると、例年、日吉神社では府中市に伝わる「荒神神楽」を奉納されていましたが、今回からは趣向を変えましょうということで、昨年11月頃北広島町観光協会に赴かれ検討された結果、実力・人気を兼ね備えた今田神楽団さんに白羽の矢が立ったそうです。
舞台設営等、多くの地元の方の御尽力があっての開催のようでした。

さて、肝心の「神降し」「紅葉狩」「殺生石」「羅生門」「八岐大蛇」の報告をします。
いつも早めに行って待機しているのですが、今回は諸般の事情により少し遅刻してしまい、「神降し」は見逃してしまいましたが、「紅葉狩」からはじっくり観ることができました。
鬼女たちの面の早変わりにあらためて感心し、鬼女大王の口上に聞き惚れ、スピーディな立ち合いに興奮し、私と同じように感じた観客の皆さんも最初からしっかり今田ワールドに引き込まれておられました。
「殺生石」では、飛介の笑いを誘うトークや金毛九尾狐を躾けたり客席に逃げたりで盛り上がり、あまりご存じない演目に興味津津でご覧になられていました。
「羅生門」では、色々な場面でどよめき、歓声が上がり、実力を再認識させる舞でした。
「八岐大蛇」は、先週までの奉納とは違う工夫された内容で、普通別れを惜しまれる奇稲田姫を押し付けあったり、手名椎が鬼になったり大太鼓に乗って果敢に大蛇と闘ったりで、思わず声を出して笑ってしまいました。
全演目が終わったとき、アンコールの声がかかるほどの大盛況でした。

来週はいよいよ地元八重地区総合センターで今田・春木神楽団合同秋祭りが開催されます。
マル秘情報によると、最後の「大江山」は・・・・・言ってはいけない
とっても気になってしょうがない方は24日(土)20:00にお越しくださいませ

未分類 / COMMENT:3 / TRACKBACK:0
09.10.24春木神楽団・今田神楽団合同秋祭り神楽奉納

今田八幡神社 紅葉姫
大江山

10月24日(土)は北広島町千代田地区で一斉に秋祭りが開催され、地元八重地区総合センターにおいて、春木神楽団さんと合同で奉納されました。
たくさんの地元の方々の声援を受けられて、ホームグラウンドらしい雰囲気でした。

20:00から始まり、今田神楽団さんは二番目に「葛城山」を奉納されました。
美しすぎる胡蝶の妖艶な舞から、だんだんと迫力の舞に変わっていく姿は相変わらず見応えがあり、土蜘蛛が片足でバランスをとりながら器用に回られるのには感心させられます。

そして四番目に「殺生石」を奉納されました。今回、飛介はいなりずしの他にサンドイッチを用意したり、「お座り」「お手」をさせて金毛九尾狐を手なずけようとしますが、会場の男の子と共に餌食になられました。玉藻前、玄翁和尚、金毛九尾狐の立ち合いはいつもながらの圧巻の舞でした。

六番目の「紅葉狩」は、事前にサプライズの配役というのは聞いていましたが、いくら考えても全然予想がつきませんでした。直前に発表された配役で紅葉姫が小太鼓でお馴染みの「田中さん」だったので、その手で来たか・・・というかんじでした。私にとって田中さんは最初に印象に残った方で、初めて話しかけた時、野太い声を予想していたら松井秀喜のような甲高い声だったので、びっくりした覚えがあります。最初ははにかんだ表情でしたが、だんだんと違和感がなくなり堂々とした鬼女大王を演じられました。酒宴の誘いを断られたり、倒されても生き返ったりと会場を盛り上げられました。

最後に「大江山三段返し」です。羅生門戻り橋で茨木童子の左の腕を渡辺綱が切り取り持ち帰り、それを聞いた酒呑童子が白妙に化相し奪い返して元に戻し大江山へと帰って行きます。源頼光、渡辺綱、坂田金時が山伏修験者に変装し神酒・神剣を授かり大江山に向かい、都の酒と偽り酒宴をはかり油断に乗じて退治します。
酒呑童子と源頼光の問答、鬼人5人と頼光たち3人の舞台、2対2・2対2・3対1の立ち合いはさすがに大迫力でした。もう一度観たい演目です。

翌日の15:00からは今田八幡神社において「塵倫」を奉納されました。

9月26日から続いたハードスケジュールを無事終えられまして、本当にお疲れ様でした。
私は毎週今田神楽団さんの舞を観ることができて、とても幸せでした。
当分拝見できませんが、今まで撮りためてきたものを御披露していきたいと思っております。
今後共宜しくお願い致します

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
明日開催!第17回今田城こぶし祭り

こぶし

今田氏城跡

第17回今田城こぶし祭りが、明日10:00から開催されます。

今田氏城跡は、上品なこぶしの花が咲き乱れ、遠くまで見渡せて、私にとっては日頃の喧噪から離れられる貴重な場所になりました。

麓では、バザーやステージでカラオケ・神楽等があり、今田神楽団さんは、13:45から「日本武尊」を上演されます。
天候が心配ですが、今までの経験から、土砂降りの雨でも、今田神楽団さんの舞が始まると、いつのまにか止んで、結局、日が照りつけるくらい晴れるというジンクスがありますから、余程の晴れ男様がいらっしゃるんでしょう・・・

本日、さつき選抜のチケットを無事GETできましたし、応援モード全開で~す♪

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
第17回今田城こぶし祭り

こぶし祭り

天候なんて関係ないんです!
皆、年に一度のこぶし祭りを楽しみにしていて、神楽を観たいんです!

主催者の方、ありがとうございました

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
さつき選抜結果速報

神楽ドーム

五月晴れのもと、本日「さつき選抜2010 第18回広島県北部神楽競演大会」が開催されました。

今田神楽団さんは、やっぱり凄い
神楽門前湯治村神楽ドームの観客の皆さんを、見事に今田ワールドに引き込まれました。
終わったときの拍手喝采の嵐には、ウルウルしてしまいました。

審査結果・・・
 優  勝  旧舞 筏津神楽団さん「天の岩戸」  新舞 横田神楽団さん「紅葉狩」
 準優勝  旧舞 堀神楽団さん  「羅生門」    新舞 原田神楽団さん「土蜘蛛」
 特別賞      高猿神楽団さん「神奈備」

おめでとうございます。

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
10.05.29 さつき選抜

神楽門前湯治村 神楽門前湯治村には、初めて行きました。
神楽フィギュア かわいい神楽フィギュア
壁かけ 効き目のありそうな壁掛け
神楽帖





 私が購入した「ひろしま美土里神楽帖」

 演目のあらすじ、神楽キャラクター列伝、
 舞・楽の基礎講座、
 面・衣装・小道具の説明など
 とても参考になる本です。






その他多種多様なお店・宿泊施設があり、資料館にはたくさんの展示があって、神楽の歴史について勉強になりました。

随所にお客様をお迎えするという心遣いがあり、心地よい施設でした。


いよいよスタート

そして、17:35から今田神楽団さんの「日本武尊」が始まりました。

未分類 / COMMENT:2 / TRACKBACK:0
ズムスタ

マツダスタジアム

今田神楽団 2  今田神楽団

梅雨明けして絶好の野球観戦日和になりました。
今日は、今田神楽団の皆様と広島-中日戦を観てきました。
熱い応援も届かず負けてしまいました
これからに期待しましょう

未分類 / COMMENT:2 / TRACKBACK:0
大盛況!第9回お盆神楽共演大会

斉藤裕子さん

少しばかり蒸し暑い中、第9回お盆神楽共演大会が開催されました。

おなじみ斉藤裕子さんの司会で、4団体のゲストをお迎えし、地元の方の歌唱もあり、大盛況のうちに終わりました。

各神楽団の方が、いつもの衣装を身にまとい、熱のこもった迫力の舞をされるのを観ていると、いくら暑くても、お盆に涼しい服で団扇をあおぎながら鑑賞できることに幸せを感じました。
今田神楽団さんは主催者として、早い時間から準備・運営等、大変お疲れさまでした

来年は記念すべき第10回大会ということで、スペシャル企画があるそうです♪
絶対見逃せません!

余談ですが、団員の皆さんの前では、いつまでたっても恥ずかしい私です

未分類 / COMMENT:2 / TRACKBACK:0
お盆共演番外編

ご挨拶

主催者という肩の荷が下り、リラックスした表情でお礼のご挨拶に臨まれました。

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
大多田八幡神社神楽奉納

10月9日(土)に東広島市黒瀬町大多田八幡神社において、今田神楽団さんは神楽を奉納されました。


大多田八幡神社

沢山の地域の方によって運営される大規模なお祭りでした。

奉納神楽までは、地元高校生によるパフォーマンスが舞台で披露されたり、ビンゴ大会で白熱していました。

リーズナブルなお店が連なっており、 うどん(200円)を後でいただこうと狙っていたのに、時すでに遅く売り切れでしたorz


只今準備中

舞台準備の様子

団員の方総出で慌ただしく準備しておられました。

舞台を見た瞬間、撮影場所に悩みました。


衣装箱

お化粧中

今回は楽屋へ潜入しました。

石川団長とゆっくりお話することができ、団員の方の始まる前までの様子を拝見できました。

ちょっとお邪魔なような気もしたんですが、ずうずうしく居座ってしまいました・・・


カレンダー

20:30から「神降し」「葛城山」「滝夜叉姫」「恵比須舞」「羅生門」「八岐大蛇」を奉納されました。

音響の調子が悪いというハプニングがありましたが、今回は特にこのカレンダーの表紙の方の神楽に対する情熱を感じました。

顔の表情で伝える胡蝶・五月姫、コミカルな恵比須、迫真の渡辺綱、足がつっても舞い続ける須佐之男命

自分がやろうと決めたことに一生懸命取り組んで進化し続ける

妥協せずにプロフェッショナルを目指す姿

やめられません!今田神楽応援団

未分類 / COMMENT:2 / TRACKBACK:0
10.10.09 【三人衆】大多田八幡神社

101009002.jpg 101009003.jpg

若手三人衆の大太鼓

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
熊岡神社神楽奉納

10月16日(土)19:30から、広島市安佐南区祇園熊岡神社において、今田神楽団さんは神楽を奉納されました。

 101016004.jpg

たくさんの方がお越しになり、大盛況な奉納になりました。


101016002.jpg 101016003.jpg

大勢の子供たちによって盛り上がりました。
衣装やお面をつけた記念撮影には長蛇の列ができ、周知の恵比須は大人気でした。


101016005.jpg

気合いの入った舞に、蜘蛛やドライアイスが効果的にはたらき、
その全力投球が観客の皆さんに伝わり、何度も歓声が湧き上がりました。
今田ワールドに包まれた心地よいひと時でした。

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
今田八幡神社秋祭り奉納

10月30日(土)20:30から、神楽殿の改築を記念して、今田八幡神社では約45年ぶりとなる秋祭り奉納神楽がありました。

P1000303(1).jpg P1000309.jpg

心配していた台風14号は、万全の備え、私の祈り(ということにしてね♪)、そして何より団員の方の日頃の精進が通じて、全く影響なく大盛況のうちに終えることができました。


P1000325.jpg P1000314.jpg

神社までの道のりを、松明が灯し導いてくれました。
なんとも幻想的な雰囲気を醸し出していた松明の正体は・・・


IMG_6605.jpg IMG_6779.jpg IMG_6754.jpg

昨年に引き続き、普段はお囃子担当の「田中さん」が、今回は葛城山の神をされました。
なかなか、イケてると思いませんか?
何度も生き返る土蜘蛛を、最後はハンドパワーでねじ伏せられました。さすが

新入団員の方の初舞台もあり、鈴鹿山の和田翁を堂々と演じられました。
翁らしい所作・口上・・良かったですよ!
これからも成長を追っていきますので、頑張ってくださいね♪

恵比須舞では、お祭りならではの妙な方々が、コミカルな恵比須の「集まれ~」の掛け声で登場する予定だったのが、ちょっとコケてしまいましたが、餅まきで活躍されました。


IMG_6800.jpg

初めて観た鈴鹿山は、悪の夜叉丸を味方に付け、鬼人の頭を征伐するという珍しいストーリーに見応えがあり、貫禄の犬神丸の口上に聞き惚れ、私の理想としていた地を這うようなドライアイスには感激しました。

大勢の観客の皆さんは、舞い込まれた迫力の舞に感動し、しっかり今田ワールドに引き込まれておられました。
団員の皆様、お疲れさまでした!

秋祭りに向けて、ご尽力された方々、ありがとうございました

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
温井八幡神社神楽奉納

11月2日(火)19:30から、今田神楽団さんは広島市安佐南区川内の温井八幡神社において、神楽を奉納されました。

P1000331.jpg P1000350.jpg

たくさんの方がお越しになり、2010年奉納神楽の有終の美を飾るすばらしい奉納になりました。


P1000333.jpg P1000334.jpg

温井八幡神社には、広島市指定天然記念物に指定されている直径2m位の「乳下りイチョウ」がそびえ立っています。日が暮れて到着したため詳しく観察できなかったので、機会があれば明るい時にじっくり見てみたい大木です。
説明看板は、楽屋の中にあったのを舞子の一人の方に撮っていただきました。thank you


101102001.jpg

そろそろ、本題の神楽の話に入りましょう。
私が今まで今田神楽団さんの舞を観てきた中で、一番の出来だったと言い切ることができます。
きれいに揃っている神、胡蝶・滝夜叉姫の優雅な舞から徐々に変化していく様子、面の早変わり、土蜘蛛の迫力の口上と躍動感溢れる舞、夜叉丸・蜘蛛丸の力強い舞、迫力満点の闘いシーン、場面に応じた楽・絶妙なドライアイスが相乗効果をもたらしました。音響もばっちりでしたね♪
そして恵比須・手名椎が会場を笑いの渦に巻き込んでいました。

6日の千代田まつりが見納めと思うととても寂しい気分になるのですが、来年に向けて更なる飛躍を感じました。

平日の奉納、大変お疲れさまでした。私も会社帰りで疲れきっていましたが、エネルギーをいただきました。
ありがとうございました。

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
千代田まつり

11月6日(土)18:30から、第4回千代田まつり前夜祭神楽発表会が千代田開発センターで開催されました。

101106002.jpg

なかなかの品揃えなんですが、ホール内では飲食禁止だし、神楽は観たいし・・・


101106003.jpg

「神楽の里 千代田」と言われるとおり、各神楽団さんの特色が発揮された見応えのある発表会になりました。

今田神楽団さんは、6番目に「羅生門」を舞われました。
酒呑童子が乳母白妙に化相し左の腕を取り返す場面では、観客全員が息を詰めてその瞬間を見守っているかのように静寂になり、迫力の立ち合いの場面では、歓声や拍手が湧き上がっていました。

自然と引き込まれてしまう「今田ワールド」を来年も多くの方にお届けできるよう願っております。

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
縮景園GW神楽上演

縮景園

名勝縮景園


芝生広場 ストレッチマン

枝葉の茂った木々が日差しを遮ってくれて、さわやかな気分で神楽を鑑賞できました。
芝生広場を埋め尽くした沢山の観客の皆さんが、今田神楽団さんの迫力の舞に拍手を送っておられました。
幕間では、記念撮影があったり、元気いっぱいのストレッチマンが登場して、大盛況に終わりました。

こういう時だからこそ、神楽を観て元気になろう♪

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
神楽魂2011

ふれあいホールみと

GW真っ只中の5月4日(水)に島根県益田市の「ふれあいホールみと」において、5団体10演目の神楽魂2011が開催されました。
その名のとおり、各神楽団さんの神楽に対する魂がほとばしる見応えのある大会でした。


殺生石

久しぶりの今田神楽団さんの「殺生石」には、言いようがない感動がありました。
私がファンになった原点を思い出させてくれました。

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
第20回神楽の里千代田神楽共演記念大会

千代田共演

6月18日(土)千代田開発センターにて、第20回神楽の里千代田神楽共演記念大会が開催されました。
12時間に及ぶありそうでなかった千代田地区全16団体の共演です。
主催者の方・神楽団の方・満員の観客が、千代田神楽の発展を願って強い絆で結ばれていたように感じました。
郷土芸能として未来永劫引き継がれていきますよう願っております。

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
知波夜比古神社神楽奉納

知波夜比古神社1 知波夜比古神社3

10月1日(土)広島県三次市高杉町にある知波夜比古神社において今田神楽団さんは神楽を奉納されました。
こういうことでもないと絶対訪れなかった場所が、広島県の史跡に登録されていることが度々あり、とても勉強になります。

知波夜比古神社4

10月ともなると夜がふけるにつれ冷え込んできたにもかかわらず、たくさんの方がお見えになり大盛況に終わりました。
お祭りならではの雰囲気、今田神楽団onlyの6演目・・・ファンとしてはたまりません
拝見するごとに、工夫した演出・迫力を増した口上等新しい発見があり、団員の皆さんが日頃一生懸命神楽に取り組まれている様子が頭に浮かびます。

昨日の寒さで少し風邪ぎみになってしまったので、来週は暖かくして行きます♪

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
亀山八幡神社神楽奉納

亀山神社1 亀山神社2

10月8日(土)に呉市安浦町の亀山八幡神社において今田神楽団さんは神楽を奉納されました。
広々とした境内の中には戦没者慰霊杜もありました。


亀山神社3

今日もたくさんの方がお越しになり、子供たちの凄いパワーで大盛況でした。
幕間に行われた撮影会では、子供たち・お父さん・イケメンくんが嬉しそうにポーズをとっていました。
餅まきは、子供からお年寄りまで必死になって参加されるので、いつも盛り上がります。
肝心の神楽は、丁寧な舞・迫力の口上や立ち合いに加えてスピード感溢れる見応え十分な舞台に拍手・歓声が何度も沸きあがっていました。

これからもずっとこの今田ワールドに浸っていたい気分です。

未分類 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。