スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 /
09.05.10 【殺生石】 №1


5月10日開催「月一の舞い」での殺生石『玉藻前』様です
あさって17日(日)には「舞ロードフェスタ春の舞」で殺生石葛城山を舞われます。

スポンサーサイト
 月一の舞い / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.10 【殺生石】 №2

P02.jpg


 月一の舞い / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.10 【殺生石】 №3

09.05.10


 月一の舞い / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.10 【殺生石】 №4

09.05.10


 月一の舞い / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.10 【殺生石】 №5

09.05.10


この方の「玄翁和尚」は、はまり役です

 月一の舞い / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.10 【殺生石】 №6

09.05.10


「金毛九尾狐」さんのお面は変わっていないのに、場面によって表情が違って見えるのは私だけでしょうか・・・プロフェッショナルな表現力です


 月一の舞い / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.10 【殺生石】 №7

09.05.10


超~豪華メンバーによる月一恒例の記念撮影です。
私も・・・一緒に・・・

 月一の舞い / COMMENT:2 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №1

09.05.17-1


本日より、「第18回神楽の里千代田神楽競演大会」をより楽しんでいただくために、先日開催された「舞ロードフェスタ」から『殺生石』のストーリーを紹介していきます。
私自身、まだ6回しか観ていない為、適切な説明ができないと思いますし、ホントは載せたくない見苦しい画像、個人的主観の入った画像がありますので、あしからず御了承下さい。

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:2 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №2

09.05.17-2


唐・天竺・日本の三国を飛び渡り、悪事を働いていた金毛九尾の悪狐が、日本に飛来して玉藻前と名乗り、鳥羽院の女官となりますが、安部清明安親に正体を見破られ、那須野ヶ原へ逃げていき、三浦介・上総介に追い詰められます
最初から盛り上がるので、たくさん観ていて眠気が来ている時におススメです!

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №3

09.05.17-3


絶世の美女「玉藻前」は徐々に正体をあらわしていきます。
よく通る声で、迫力のある口上に聞き入ってしまいます。

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №4

09.05.17-4


金色の毛をした九つの尾をもつ妖狐登場
これから激しい戦いが始まります


 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №5

09.05.17-5


「おい!どこ狙ってんだ~ 俺様はこっちだよ~

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №6

09.05.17-6


狐の方の身体能力にはいつも感心させられます。
普通にクルクル回ったり、四つん這いで動き回ったり、あとは実際に観ていただきたい


 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №7

09.05.17-7


果敢に闘っていた金毛九尾狐の腹に、弓の名手三浦介の放った矢が命中します


 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:2 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №8

09.05.17-8


妖狐は射殺されましたが、その霊は石と化し毒気を放って近づく人や動物等を殺す「殺生石」になりました

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №9

09.05.17-9


飛介は急ぎの用事を頼まれ、那須野ヶ原を一目散に駆け抜けるつもりでしたが、ちょうどいい石があったので、ちょっと一休みしていると、後ろから金毛九尾狐が現れます。
飛介さんの面変り・的を得たトークは適度で嫌味がなく、プロフェッショナルな笑いを提供してくれます。
競演大会ではゆっくり味わえないと思われますので、夏の共演・秋のお祭りをお勧めします

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №10

09.05.17-10


「このいなりずしが欲しいのであろう。ほれっ」
「そんなもの、俺様が食うわけないだろ

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №11

09.05.17-11


飛介の餌付け作戦は失敗に終わり、逆に妖狐の餌食になってしまいました

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №12

09.05.17-12


狐の姿となって現れていた精魂は石の中に消え去り、殺生を続けることに・・・

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №13

09.05.17-13


修業中の玄翁和尚は、下野の国に立ち寄ったとき里人から殺生石の話を聞き、鎮魂のために那須野ヶ原へ向かうことにしました。
この方のキレのある舞には、いつも引き込まれてしまい目が離せなくなります

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №14

09.05.17-14


玄翁和尚は、法華経の功徳によって悪狐の怨霊を封じこめようとします。

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №15

09.05.17-15


玄翁和尚が法華経を唱えていると、妖狐の精魂が玉藻前の姿となって石の中から現われました。

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №16

09.05.17-16


滔々と語られる口上から、こうなってしまった無念さが心に染み入るように伝わってきます。

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №17

09.05.17-17


二人は激しい闘いを繰り広げます
玄翁和尚は、隙をみて妖怪を静める効力のある「輪袈裟」を玉藻前の首に掛けます。

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №18

09.05.17-18


妖狐の精魂を成仏させるために、玄翁和尚は法華経を唱え続けます。
舞台中をのたうちまわる玉藻前は超ド迫力で圧倒されます

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №19

09.05.17-19


しぶとい妖狐の精魂は成仏するどころか、バージョンアップしちゃいました

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №20

09.05.17-20


妖狐は輪袈裟を振り払い、再び激しいバトルが始まります

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №21

09.05.17-21


「玄翁和尚さん、俺様が相手をしてやろう


 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №22

09.05.17-22


お互い隙のない闘いを繰り広げます。
たまには「玄翁和尚危うし」という場面を観たいんですが、あり得ないんでしょうね~

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0
09.05.17 【殺生石】 №23

09.05.17-23


「なんじゃ こりゃあ~」(松田優作風で・・・)

 舞ロードフェスタ春の舞 / COMMENT:0 / TRACKBACK:0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。